鳥取の貸切マイクロバスの料金相場は?地元の『流通バス』がご紹介!

鳥取県は公共交通機関のアクセスが不足している地域もあり、車での移動がメインになっています。

車での移動というと、マイカーやレンタカーを想像する人が多いのではないでしょうか?

実は、ある一定数以上の人数で移動をする場合は、貸切バスのサービスを利用することで、多くのメリットを得ることができます。

この記事では、貸切バスのサービスの中でも需要の多い、貸切マイクロバスのサービスについてご紹介します。

料金相場やメリットなどについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

マイクロバスってどんなバス?

マイクロバスと運転手

貸切マイクロバスのサービスとは、運転手付きでマイクロバスをレンタルすることです。

貸切マイクロバスとはそもそもどのようなサービスなのか、マイクロバスとはどんなバスなのか、知っておきたい基礎知識をご紹介しましょう。

乗車人数の目安

マイクロバスの乗車人数の目安は、一般的に18人からMAXで28人乗り(補助席含む)です。

補助席の有無や車内設備、バスの構造によって乗車人数(席数)は異なりますので、おおよその目安として乗車可能な人数を知っておくと良いでしょう。

トランクの荷物積載量

マイクロバスには基本的に大型バスのようなトランクルームがありません。

座席の上に荷物用の棚があるタイプもありますが、バスの構造によって異なるので、利用時には確認が必要です。

乗客全員の荷物を積むトランクルームはありませんが、人数が少なければ座席に積むことはできます。

車両のサイズ

マイクロバスは小型バス(中型自動車・8t)に分類されます。

  • 全長:0m
  • 車幅:1m
  • 車高:8m
  • 車両総重量:8,000kg未満
  • 最大積載量:5,000kg未満

 

貸切バスの中でも機動力に優れたマイクロバスは、比較的車両の制限を受けることが少なく、場所を選ばずに利用することができます。

 

 

鳥取県の貸切バス・車種別料金の相場は?

料金相場のイメージ

貸切バスには種類があり、企業の所有しているバスによってそれぞれ相場や特徴が異なります。

一般的な貸切バスの種類と特徴・料金相場をご紹介しましょう。

貸切バスの種類

一般的に貸切バスのサービスで利用できる車両の種類は5種類あります。

バスの種類

定員

荷物室の有無

大型バス

~45名(※補助席利用で53~55名)

あり(大)

中型バス

~27名(※補助席なしが一般的)

あり(中)

マイクロバス

~20名(※補助席利用で~26名)

なし

小型バス

~21名(※補助席なしが一般的)

あり(小)

ミニバス

~13名(※補助席なし)

なし

それぞれ乗車定員や荷物室の有無などに特徴があります。

同じ種類のバスでも、車種によって車内設備や座席数などに違いがあるため、予約時に確認することがポイントです。

車種別の料金相場

一般的に利用されることの多い大型バス・中型バス・マイクロバスの料金相場は以下の通りです。

(※2024年5月現在)

バスの種類

日帰り

(平日昼間往復で10時間・250㎞まで)

1泊2日

(平日昼間往復で18時間・500㎞まで)

大型バス

110,700円~

208,760円~

中型バス

93,300円~

175,940円~

マイクロバス

80,800円~

152,440円~

参考:鳥取県の貸切バス見積り・予約楽々!料金比較でお得に手配|【貸切バスの達人】

保有しているバスの種類や料金プランなどはバス会社によって異なりますが、おおよその目安として料金相場を知っておくことは非常に重要です。

高すぎる・安すぎるなど、相場とかけ離れた料金を提示された場合は、契約内容やオプションなどを確認するようにしましょう。

 

 

貸切マイクロバスの料金算出方法

見積書のイメージ

国土交通省では、平成26年(2014年)4月1日より新たな貸切バスの運賃・料金制度を実施しています。

貸切バスの運賃算出の基本は「時間制運賃」と「キロ制運賃」を合算した、「時間・キロ併用制運賃」となっています。

走行距離

料金算出の際の走行距離は、出庫する営業所(車庫)から帰庫する営業所(車庫)までです。

営業所(車庫)⇒ 出発地(乗車地)⇒ 目的地 ⇒ 到着地 ⇒ 営業所(車庫)

そのため自分たちが乗車する出発地と営業所が近い方がリーズナブルな料金となります。

乗車人数

乗車人数は貸切バスの料金算出に大きな影響のある要素です。

前述したバスごとの定員が一応の目安となります。

  • 乗車人数は少なくても荷物室のあるバスが良い
  • 料金重視で補助席の利用もしたい

 

など、自分達の希望や予算に合ったバスの大きさを選ぶことで、ある程度の料金の目安がわかるでしょう。

オプションサービス

貸切バスにはオプションサービスをつけることができるケースもあり、オプションの量や種類によっては料金が大きく変わります。

  • サロンタイプ
  • リフト付き
  • トイレ付き
  • USB付き  など

 

オプションの内容によっては、バス会社が保有しているバスの台数が少ないため、手配が難しくなることがあります。

必要不可欠な場合は早めにオプション付きの貸切バスを探すことで、希望に合ったバスが見つかるでしょう。

 

 

貸切マイクロバスのメリット

メリットのイメージ

『貸切マイクロバスはあまり利用したことがない』という人も多いかもしれませんが、グループや団体で移動するときには非常にメリットの多い交通手段です。

貸切マイクロバスにはどんなメリットがあるのか、主なメリットを3つご紹介しましょう。

複数の参加者が一緒に移動できる

貸切マイクロバス最大のメリットは、複数のメンバーやゲストが一緒に移動できることです。

運転の心配をせずに参加者がお互いにコミュニケーションを取りながら移動できるのは、貸切マイクロバスならではのメリットといえます。

貸切マイクロバスを利用することで、観光・旅行・冠婚葬祭など、気のおけないメンバーとの大切な時間を作ることができるでしょう。

乗降場所を自由に設定可能

貸切マイクロバスは、乗降場所を自由に設定しやすいというメリットもあります。

複数の観光地を回る・公共交通機関へのアクセスを補填するという使い方も可能です。

自分たちの希望や目的に合ったプランを設定できるため、自由度が高いのが特徴といえます。

運転はプロのドライバーにお任せ!

貸切マイクロバスの運転は、プロのドライバーが担当します。

旅行や冠婚葬祭などではアルコールが提供されることも多いので、『運転があるからお酒が飲めない』というドライバーへの気遣いがいらなくなることもメリットの一つです。

慣れない道や道路状況の悪い道を走る・道に迷う・車のトラブルに遭遇するということもなくなるため、メンバーやゲストにとっては負担を軽くすることができます。

 

 

『流通バス』のマイクロバスについて

マイクロバスの前で社員がジャンプしている様子

流通バスは、鳥取県倉吉市に本社を置く流通株式会社の提供するバス事業です。

大型バス9台・中型バス4台・マイクロバス5台を保有し、鳥取県内に車庫が3ヶ所(鳥取・倉吉・米子)あります。

貸切バスとしてはもちろん、送迎バスとして利用することも可能です。

流通バスの貸切マイクロバスについてご紹介しましょう。

座席数

流通バスのマイクロバスは、

  • 28席(正座席21席+補助席7席)のタイプ
  • 27席(正座席21席+補助席6席)のタイプ
  • 23席(正座席17席+補助席6席)のタイプ

 

の3種類があります。

【例:28席タイプの座席配置図】

マイクロバスの席配置図

マイクロバスの座席は、基本的に2列+1列。

乗車人数の違いは、一番後ろの4人掛けがあるかどうか、補助席の数が違うかどうかによります。

車種によって座席数が異なるため、問い合わせ時に相談してください。

設備

流通バスが保有するマイクロバスの標準装備には、以下のような設備があります。

  • ETC
  • マイク

 

バスの種類によっては

  • 冷蔵庫
  • TV
  • CD・DVD

 

などが搭載されているタイプもあります。

車内は窓が大きく、非常に明るい設計になっています。

マイクロバスの社内の様子

参考料金

流通バスの貸切マイクロバスを利用する際の参考料金は、以下の通りです。

    • 米子空港(米子鬼太郎空港)⇒皆生温泉:片道33,000円(税別)~
    • 米子駅⇒松江城:片道40,000円(税別)~ 

(※2024年5月現在)

 

貸切バスの料金に関する注意点は、連休や学校行事などが多い時期は料金がUPすることです。

多くのお客様が利用されるため、希望のバスが確保できないこともありますので、注意しましょう。

 

 

貸切マイクロバスの利用に関するよくある質問

Q&A

貸切マイクロバスを頻繁に利用しているという方は多くありません。

「貸切マイクロバスを利用したいけれど、わからないことが多い」というかた向けに、実際にお問い合わせの多い質問事項と回答をピックアップしてご紹介します。

Q・貸切マイクロバスの料金には何が含まれていますか?

貸切マイクロバスの料金には、下記のものが含まれています。

  • 車両代(専属ドライバー含む)
  • 燃料代

 

ちなみに、料金に含まれていないものは、下記の項目です。

  • 高速道路の料金
  • 駐車場の料金
  • 乗務員の宿泊料など

 

貸切マイクロバスの料金には燃料代も含まれているので、別途負担する必要はありません。

ただし、宿泊を伴う行程の場合は、乗務員の宿泊料などをご負担いただきます。

Q・貸切マイクロバスはどのくらい前に予約すべき?

貸切マイクロバスを利用する際には、事前の予約が必要ですが、いつまでにという明確な期日はありません。

貸切マイクロバスのサービスを提供するバス会社は、保有するバスの台数や車種が異なります。

行事が多い時期など繁忙期に予定が重なる場合は、できるだけ早めのご相談・ご予約をおすすめします。

Q・貸切マイクロバスは宿泊を伴う行程でも利用できますか?

利用できます。

ただし、宿泊を伴う行程の際は、乗務員宿泊料等を別途いただいておりますので、お見積り時にご確認ください。

Q・貸切マイクロバスを利用するときの注意点は?

貸切マイクロバスを利用するときには、バス会社の営業所や車庫の所在地を必ず確認しましょう。

バス会社は自社の車庫の場所・対応できるエリアが決まっているため、エリア外の場合は対応ができないからです。

貸切バスの料金は、出庫する営業所から算出されます。

目的地だけではなく、乗車地・降車地を決め、その近隣に希望するバス会社の営業所があるかどうかを確認することが重要なポイントです。

 

 

まとめ

流通バスの社員の様子

貸切マイクロバスは、さまざまな用途で利用できる交通手段の一つです。

流通バスでは旅行・観光はもちろん、下記のような用途でご利用いただいた実績があります。

  • 学校のイベント:駅からの送迎・部活動(試合)の遠征・社会見学・遠足など
  • 生活のイベント:冠婚葬祭の送迎・旅行時の送迎・観光など
  • 企業のイベント:研修会・親睦会・企業視察など
  • 地域のイベント:町内会や子供会の親睦会・旅行など
  • 運転手のみの派遣:車両を保有されている企業の送迎バス・スクールバスなど

 

鳥取県で貸切マイクロバスの利用を検討されている方は、ぜひ地元密着企業の『流通バス』へご相談ください。

電話はもちろんメールでの相談もOKです!

担当者が親身に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。